空家管理滋賀.com

空き家のリスク

最近、新聞やテレビなどのマスメディアで連日のように空き家に関する報道がされています。今後はますます空き家が増加し、空き家にまつわる諸問題は社会問題化していくことでしょう。
特に、きちんと管理がなされない放置空き家は、建物の老朽化が進み、倒壊の危険や治安の悪化、放火の誘発や不審者の侵入、獣害や害虫の発生などの様々な問題を引き起こす可能性があります。
放置を継続することにより、問題の発見が遅れ、事態がどんどん深刻化していく悪循環に陥る前に、空き家に定期訪問等の適切な管理を行い、小さな問題にも素早く対応しておくことが大切です。

放置は危険!知らないと怖いお話し

建物や塀の倒壊、屋根・外壁材の飛散・落下

不法投棄などによる周囲の生活環境の悪化

野良猫や野良犬の居座り、害虫・害獣の発生

火災・放火の発生

落ち葉の飛散や植栽の超境

不特定者の不法滞在

犯罪

強制代執行

税支払いUP

近隣住民とのトラブル etc...

放置された空き家には、たくさんのリスクが発生する可能性があります。
建物や塀の倒壊、屋根・外壁の飛散・落下、それらによる人身事故や物損事故。
敷地への不法投棄などによる周辺の生活環境の悪化、それらへの対応。
その他にも、野良猫や野良犬の住処になったり、害虫の発生源になったり・・・
はたまた火災や放火、犯罪行為の温床になることもあるかもしれません。
考えれば考えるほど、いろんなリスクが存在することに気が付きます。
自治体などには空き家に関するクレーム等が多く寄せられ、今後は問題のある放置空き家には厳しい行政指導がはいることも考えられます。
例えば、固定資産税が6倍になるだけではなく、空き家解体の指導や強制代執行等所有者には大きな負担が重くのしかかってくることになります。

空き家に関するお悩みを解決します。

mail